×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆英単語はスピードがあれば覚えられます
英単語はスピード学習で覚える

スポンサード リンク

 

英単語はスピードによって学習できることはご存知ない方もいるでしょう。それは何もネイティブの早い会話を聞いて覚えるということではありません。 それも一つの方法でしょうが、肝心なことはその早い会話を聞いてもあなたは覚えるどころか、理解もできないでかえって焼けどをしてしまうでしょう。

 

基礎トレーニング

あなたがまず何かを学びその技術を習得するためには基本的な事をおぼえなくてはいけません。なんでもそうですが、初めからすべてうまくいく人はあまりいませんよね。自転車の乗り方であっても始めは、皆さん転びながらうまくなっていくはずです。英単語のスピード学習でもそれは同じなのです。

 

毎日少しづつトレーニング

そこでは毎日することは同じことをするのでも少しづつスピードを早くすることです。本を読む速度を上げる、英単語の書くスピードを早く、などしていくと次第に同じことをするのでもちょっとづつスピードが上がるはずです。その訓練がいわゆる速読とか呼ばれるものです。 英単語を覚えることは一日に覚えようとする単語を瞬間的に覚えて後は何もしません。

 

毎日繰り返す

これは同じ単語を毎日繰り返すのではなく、単語を覚えるという行為をくりかえすことです。それも早くです。パソコンでもキーボードを早く打つ練習を毎日していれば、驚くほど何も考えずにキーボードを打つことが可能になります。それはキーボードを打つことがすでに体に馴染んでしまい、勝手にそのように早いスピードで動くからです。これが無意識のレベルで思ったことを反射的にパソコンの画面上に文字として描きだすことができるのです。英単語の学習もこれと同じで毎日一定の量を早くインプットしていると、勝手に反射的に覚える覚える速度が増すのです。 人に聞かれたり、問題集に出てきても、あなたが覚えたことは一瞬で答えが導きだせるようになります。

 

そうしてあなたの脳は勝手に動きだす

覚えよう、覚えようとするとどうしても余計なことを考えたりして覚える速度が遅くなってしまいますね。そもそも何かを考えていますと、行動が鈍くなります。考えていて何かいいことを思いつくこともありますが、大抵は無駄な時間です。 そうすると脳は休んでいるのと同じなので、覚えようとしたことが、実は覚えられていない結果になっていまいます。 先の事柄で早く覚えようとする行為は実は何も考えないですることです。そうすると無駄な考えが少なくなって脳に対する反応がいのです。 そしてそのようにして身につけた英単語はあなたの脳にしみついていますから、忘れたくても勝手に状況に応じて反応してしまうことでしょう。

スピード学習法でもっと分かりやすい無料レポートがありましたので、こちらも参考にしてみるとより理解ができると思います。

  無料レポート→ 私が3ヶ月で6000語覚えた英単語学習法

 

TOEICスコアをアップ。それも無料で!

スポンサード リンク

Copyright © ◆サイト名 All Rights Reserved.