×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆英語を習い始めの方に
英単語は中学生レベルから覚える

スポンサード リンク

 

英単語は普通の日本人なら中学生から習い始める
ようになります。まだ頭の柔らかい年代とはいえ
立派に日本語を話せるわけですから、横文字の英語
には違和感を覚えるでしょう。


言葉いうのは自分の知っている単語や内容でしか理解
出来ないしまたわからないという側面をもっています。

だから中学生に複雑な政治の話や大人の会話などは
英語でしてはいけません。まだ知らない世界のお話は
例え日本語であってもその内容を読み解くことは
難しいからです。

中学生には中学生に合った内容のお話を心がけるべきです。

これは逆に考えると中学生はその時何に興味があるのかを
考えると英語を覚えるのも早くなります。

自分の頭の中に一杯あるもの、好きなことこそが上達の
秘訣にもなるからです。そのような自分の興味深深なことを
考えているだけでも楽しいわけですから、それを英語を
勉強するのにに使わない手はないと思われます。

 

記憶に残る英語

自分が好きで覚えたことの内容は後になっても記憶に残ります。
楽しかった記憶を多く留めておくことはあとあとの人生でも
とても有意義になるでしょう。

反対に嫌々覚えた内容はいつまでも苦しい記憶として残って
しまいます。その後にある何かしらの達成のためならまだ
救われますが、途中で挫折してしまうことを考えると
とてもリスクのあるやり方だとも思えるのです。


それは中学生でもまた英語を覚え始めた人もそうなのですが
自分がどんなことに興味があるのかをまず知ってください。

そしてそのことについて自分なりに研究し知識なりを深めたい
ような内容の英語を教材として使ってみてください。ただし
それは日本語でも理解できる内容のものですね。

先ほどもいいましたように自分の理解を超える内容は例え
日本語でも難しいのですから、英語などでは到底無理です。

ただし、これはあくまでも基本を覚えた後でなくては単語自体に
見慣れないことが多いので、本当に簡単なことから読みすすめて
いってください。

 

TOEICスコアをアップ。それも無料で!

スポンサード リンク

Copyright © ◆サイト名 All Rights Reserved.