×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆英語を毎日の生活習慣としあなたの英語力をアップ
英語生活と習慣

スポンサード リンク

 

英語を毎日の生活の一部として取り扱って
いれば、それは習慣となってあなたの体の
一部となることでしょう。


それは箸を持つのと同じように、目の前にだされた
食べ物を食するのと同じ感覚なのですね。


英語を使用する時間

人は同じような行動を繰り返すことで、その行為を
条件反射でこなすことが出来るようになります。

それは物事によってはかかる時間の大差はありますが
自分を訓練することは目標を明確化させ、意識下まで
インプットすることもできてしまうものなのです。

しかし目標も持たずにだらだらとしているだけでは
頭の中は活性化されませんので、一度覚えたことでも
記憶の外に飛んでいってしまいます。

それではどのくらいの時間、集中して英語の学習を行えば
よいのか?

人の極限的な集中力は20分間とされていいます。その時間内は
何かを遮断して記憶力の増幅が可能ですが、やがてその集中力は
衰えます。


なので、ある程度の時間を目安に休憩を入れ、それを繰り返せば
いいかと思います。


毎日行うのが効果的

英語の生活を習慣化させるためには毎日の学習が有効です。
時間がないときでも5分は単語帳などの暗記に当てるようにし
時間があるときにガッツりと勉強します。

習慣として取り入れるためにはトイレなどに英語の書物をおいたり
パソコンのホームページを海外のサイトから立ち上げるなど
工夫をすれば簡単にできます。

あなたもその気になってやれば自宅にいながら英語の生活も
送る
ことができるのですね。 習慣もなれると生活の一部ですから
そこから発展せせていきましょう。

TOEICスコアをアップ。それも無料で!

スポンサード リンク

Copyright © ◆サイト名 All Rights Reserved.